想い

創り手

広島県広島市 特産品を活かしてビールをつくる「平本祐也」

“好き”が高じて始めたビールづくり

広島でボイラーの排ガス検査や水質を調査など、環境計測を請け負う会社で働いていました。クラフトビールに魅了されたきっかけはというと27才の時。その会社を独立して個人事業主として仕事をしていた時に、仕事関係のお付き合いでクラフトビールを知りました。元々お酒が大好きで日頃から様々なジャンルのお酒を飲んでいましたが、クラフトビールにハマってからというもの、日本全国のクラフトビールを探しては飲むようになりました。それと同時に、小規模でビールをつくる日本国内のマイクロブルワリーの数に驚きました。

「こんなに美味しいビールを自分でもつくれるならやってみたい!」

この想いがブルワーに転身するきっかけとなりました。
それから、広島県呉市にある海軍さんビールに醸造所見学に行き、その繋がりで島根県にある石見麦酒さんを紹介してもらい、ビールの仕込みから設備のことなど、ブルワリーを立ち上げるために必要なことを1年間かけて勉強しました。

クラフトビールに馴染みを持ってもらいたい

広島北ビールのビールには、柚子、牡蠣、はっさくなど、広島の特産品を活かしたビールづくりをしています。
柚子エールは、スッキリとした柚子の香りのあるフルティーなビール。
オイスタースタウトは、牡蠣や磯臭さは少なく、後味が少しまろやかなビール。
シトラスIPAは、ホップからくる柑橘の香りと、苦味が強いビール。
広島北ビールでつくっているビールは”本格的”というよりも”馴染みやすさ”を大切にしています。
多くの飲み手に深く浸透している大手ビールメーカーがつくるラガービールの他にも様々なビアスタイルがあります。ビアスタイルを全く知らない飲み手にとって、クラフトビールに興味を持つきっかけ、好みのビアスタイルに出逢うきっかけになると本望です。


関連記事一覧